雪道の歩き方~転ばずに歩くには

mig

1月に入り割といい天気が続いていましたが、今日は沢山雪が降っています。

普段は患者さんに急がずゆっくり歩くように、転ばないように説明していますが、恥ずかしながら自分が雪で滑って転んでしまいました・・・。
自分で言っておきながら情けないですね。

ということで、雪道の歩き方についてまとめてみました。

その1:歩幅を小さくする。
歩幅が大きいとその分足を高く上げる必要になり、重心移動が大きくなって転倒しやすくなります。なので滑りやすいところでは、小さな歩幅で歩くと安定します。

細い道を歩くときは、自然と足が閉じ気味になりますが、20センチ前後は常に開けておくと良いようです。

その2:足の裏全体をつけて歩く
雪道を歩くときは、重心を前におき、できるだけ足の裏全体を地面につけて歩くと安定します。
道の表面が氷状のつるつるした面になっている場合はその1:小さな歩幅で、その2:足の裏全体をつけて歩く「すり足」のような歩き方が良いようです。ただし「すり足」といっても、完全に地面を擦りながら歩いているとつまづきやすくなるため、軽く足を浮かせてつまづきにくくすると転倒しにくくなります。

道路の表面に雪の残っている「すり足」では歩きづらい所では逆に、その2:足の裏全体を路面につけ、その1:小さな歩幅でそろそろと歩くと良いと言われています。

その3:急がず焦らずゆっくり歩く
急いでいる時はついつい普段の歩き方になりがちですから、冬は夏より移動に時間がかかることは仕方がないとわりきって「時間や心、歩く場所に余裕をもって」行動し、「急がず、焦らず」にその1、その2のポイントを抑えて歩くことが重要です。
しっかりと「滑りそうな道」を見分けながら歩くことは転倒予防に必要なポイントです。

また急いでいなくても、携帯電話や一緒に歩いている人と話しに夢中になっているときなど、路面に対する注意力が薄れたときは転倒のリスクが高くなるので注意が必要です。

危険な路面についてもまとめてみました。
・つるつる路面
・路面が斜めになっているところ
・横断歩道(車や人の往来で踏み固められ、つるつるしている)
・地下鉄駅や地下道からの出口付近(踏み固められているうえに段差もある)
・車の出入りのある歩道(バスやタクシーの乗降場所、住宅や店舗の駐車場の入り口、ガソリンスタンドなどが危険)
・店の入り口(履いてきた靴の裏自体が氷のようにつるつるになっているため店のタイルなどで滑ります)
・日陰(視界が悪い、氷が融けずにつるつるになっている)

最後に、やむをえず転びそうになったら。
気を付けていても転びそうになることがあります。
少しでもケガを避ける場合は重心を後ろへ持っていきしりもちをつくことです。後ろに転ぶことで手の骨折や顔面のケガなどを避けることができます。
ただ、骨粗しょう症の場合はどちらに転んでも骨折はまぬがれませんので、雪の日は外出を最小限にするなどの対策が必要です。

古岩井整骨院

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

平成27年当院も新たなスタートを切りました。

今年も地域の皆様に貢献できるよう努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

古岩井整骨院

雪かき~負担の少ないテクニックとは

無題

ここ長野も12月に入り雪が降っています。

雪降り終わった後、雪かきをしている風景をよく目にするようになりましたし、当院でも雪かきで体を傷めて来院されるケースが増えています。

雪かきは老若男女問わず体に負担がかかりますので、負担が減るような工夫についてまとめてみました。

・雪かき前の準備体操
いずれもゆっくり行うことがコツです。
あまり反動をつけて行わないようにしましょう。

①アキレス腱伸ばし
足の裏をしっかり地面につけて、ゆっくり時間をかけて(10秒以上)アキレス腱を伸ばします。

②上体ねじり
ゆっくり体を左右にねじり筋肉が伸ばされているのを確認しながら行います。

③膝の屈伸運動(膝の痛い人は行わない!)
下半身の筋肉をほぐすようなイメージで行いましょう。

・コルセットなどをつける。できればカイロなどで体を温める。

・場所の準備
少しでも雪を捨てるスペースを作りたいので、捨てる場所の地面を足やシャベルで固めておきます。

・スコップさばき
スコップ近くを持つようにし、手の向きと投げる方向を少し変えるだけで使用する筋肉が変化し、腰を痛めにくくなります(かと言ってあまりねじらない、一回の量を減らして回数を増やすと良いそうです)。
さばくスピードは隣の人と会話できるくらいで、時間に余裕があればゆっくり行うと良いかもしれません。
※雪を投げるとき息を止めると血圧が上昇し、脳血管や心臓の疾患を起こすので、呼吸ができるくらいのリズムで行うと良いようです。
・雪かきの運動量について
体重50㎏の人が一時間雪かきを行うと、消費エネルギーは300kcal。
実にご飯二杯分の運動になります!

体に負担がかからない程度に雪かきをしてカロリーを消費したいところですね。

寒さと痛みの関係について考える

 

もうすぐ12月になりますが、ここ長野も徐々に寒くなってきています。
まだ、氷点下までは行ってませんがそれに近い気温を朝一番に記録し始めています。

最近、寒さのせいか痛みが出ると訴える患者さんによくお会いします。こんな時、ふと思うのがなぜ寒いと痛みを感じるのかという疑問です。果たして、どんな関係があるのかまとめてみました。

①寒さと筋肉への血流量が減り、柔軟性が低下する
寒くなり体が冷えると、末梢血管が収縮して筋肉への血流量が減ります。このように血行不良などによって筋肉の温度が低くなると、筋肉の活動に必要な酸素を血液から取り込む量が減ってしまい筋肉は酸欠になり老廃物もたまって、ますます硬くなってきます。
「筋肉が硬くなる=柔軟性が低下する」という関係になるため、急な動きによる肉ばなれなどの危険性も高くなります。

②寒さで痛みを感じる神経が活発に
寒さで痛覚や触覚なども過敏になるようです(寒い日に指先を触ると妙にチクチクするような経験でもわかるように寒い日は神経が過敏になっています)。
これは、筋肉の緊張によって神経の圧迫から起こるため、寒さで筋肉が収縮すると、痛覚や触覚などの神経が圧迫されて敏感になり、痛みやビリビリ、ジンジンする感じなどの症状が出てきます。

③寒さで姿勢が悪くなり腰痛や肩こりが悪化する。
寒さで姿勢が悪くなることも痛みの原因になっているようです。寒い日、気づくと猫背になっていたり顔が下を向いていたり、首や腰に悪そうな姿勢になっていますね。

まとめると、筋肉が硬くなる、神経が過敏になる、姿勢も悪くなるという感じです。
暖かくして、一日過ごしたいところですね。

関節のポキポキ音

illust3004

日常生活でよく関節の音が鳴る方が見えますが、原因は何かとよく聞かれます。
しかし残念ながらこの関節音、実は決定的な原因がまだよくわかっていないのです。
もちろん決定的なものがないだけで、おおよそこうではないかという説がいくつかあります。
現在最も有力だと考えられているのは関節の中を液体が移動する時に出る泡が弾けるものだという説です。

耳で聞いた感じでは骨同士がぶつかっているように聞こえるのに、ちょっと考えにくいですよね?

人間の関節はスムーズに動くように、潤滑油のような液体(関節液)が関節の中に包まれた構造をしていて、本来この関節液は動きに合わせてスムーズに移動しているそうです。
しかし、筋力のバランスが悪かったり、関節を無理な角度で動かしたりすると、圧力がアンバランスになり、この関節液が急激に移動するという現象が起こるといわれています。

この時に発生する気泡の破裂音が骨や皮膚を共鳴させる事で音の質が変化すると考えられているようです。疑問に思われる方も多いと想像できますが、この説を提唱した方はこの現象で起こった音が関節のポキポキ音に近いと言っています。

もちろんこの説に異を唱えた説もあります。
大まかに挙げると①靱帯の急速な伸びて音が出②関節内の癒着が剥がれて音が出る③靭帯や腱、骨がこすれたり当たったりして音が出る。という説があります。

実際に観察できたケースがないそうなので何が正しくて、何が間違いなのかはわかりませんが、少なくとも音とともに痛みを伴うというものは実際に骨が変形してぶつかり合っている場合もあるので、治療の対象になります。

身近な現象なのに原因がはっきりしていないというものおかしな話ですが、音が鳴っても無理に繰り返し鳴らそうとせず、気にしないというのが良いかもしれませんね。

ただし、もし音が鳴って痛みもあるというようでしたら整形外科や整骨院などで相談してみてはいかがでしょうか。

音を完全に消すことは難しいですが、痛みに対しては全力で対処いたします。

突き指について~すぐ引っ張るのはなぜダメか。

images

整骨院を開いているとよく見かけるケガが突き指です。

この突き指、一部の人や地域の間ではした瞬間に自ら引っ張って治そうとする人がいます。
ボールなどが当たって指が縮んだような錯覚になりとっさに引っ張るのかもしれません。

しかし、だいたいの場合それは危ない行為です。
応急手当のハンドブックや冊子などで禁止はされています。

それはなぜか?

指の関節には骨以外にも腱や靭帯、掌側板(軟骨の薄い板)などの組織があり、引っ張ることで傷めた骨以外の組織を余計傷つけてしまうからです。
もちろん、骨折や脱臼などの場合は例外で場合によっては引っ張ることもあります。でも、多くの突き指はそこまで壊れてしまうことは少ないと思います。

もし、突き指をしてしまったらまず心臓より高く手を上げて、近くに氷などがあればそれで冷やすというのがベストです。とにかく腫れてどうしようもなければ、バケツに氷水を入れてその中に手を入れてしまうという方法もあります。

そうしたうえで病院へ行ってみてはいかがでしょう。

もちろん「整骨院」に来ていただいても問題ありません。
骨折を伴いより高度な医療施設への紹介が必要か、整骨院内の手当てで済むものか適切に判断し、患者さんにとってベストな選択になるよう努力します!

テーピングについて

スポーツ現場や病院、整骨院などでテーピングを行うことがありますが、今回はテーピングについて大まかに説明してみたいと思います。

効果について。関節の動きを制限したい方向にだけ制限させるほかに、伸縮テープを使って、動かす方向を助ける、逆に動きをよくするという効果もあります。全く逆の効果ですが、巻く方向や貼る方向によって効果が異なります。治療の自由度が高いため、当院では積極的に行っています。

目的について、大きく3つです。
1つめ、予防です。これはケガをしたことのないところ(一度捻挫したところなどはやり方が変わります。)。例えば足首の捻挫予防(バスケ、ラグビー、サッカーなど)や突き指予防(バレーボールやバスケなど)があります。
2つめ、救急処置や治療です。ケガをした部分の安静を保つために行います。強いケガの場合、腫れていることが多いためケガをした部分を固定します。当院では時に包帯固定やサポーター、コルセットなどほかの固定と併用して行います。
3つめ、再発予防が最後の目的になります。リハビリを行うときや練習前、試合前に再発防止を目的として行います。この3つめの目的が現在も最も多く行われています。

当院では巻き方や貼り方を工夫し、目的に合ったテーピングを行っています。

患部を暖める~暖め方色々~

整骨院や病院では冷やすだけでなく、症状に応じて暖めることも行います。暖めることを温罨法(おんあんぽう)と言います。

効果としては、皮ふ表面の血管を広げて血流を促進し、老廃物や炎症による産物を代謝させるほか、白血球を増やし炎症を抑えたり、知覚神経を沈静させて痛みを和らげたり、腸の動きを良くするという効果もあるそうです。

温罨法の種類は

PH-H2610-main_R

湿性といって皮ふがあたる部分に水分を含むもの(温湿布(入れない場合もあるようです)、蒸しタオル、お湯で温めるタイプのホットパックなど)

imgres

乾性といって皮ふにあたる部分に水分を含まないもの(湯たんぽアンカ、カイロ、電気毛布、熱気浴、電気で暖めるタイプのホットパックなど)があります。

温罨法の狙いとして
ホットパックでは、代謝を高めることで筋肉痛や関節痛を緩和する。治療やリハビリの前に行い、循環を促進することで老廃物の代謝、鎮痛を図る。熱気浴(スチーム)では、温熱効果(循環の促進)により硬くなった関節の動きをスムーズにすることが上げられます。

最近では、ヒートショックプロテイン(HSP)と呼ばれる傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質が熱によって増えることが言われており、温罨法によってより効果的な増やし方も研究されているそうです。こういう最新の研究も整骨院で利用できたら―そう考えて日々の業務に当たっています。

 

怪我をしたときの冷やし方~氷に注目して~

スポーツの行事や大会などで救護へ行く機会がありますが、その時に活躍するのが「氷」です。

スポーツ現場では、広く浸透していて日常的に行われていますが、あまりお勧めしないのが、保冷材を使ったアイシングです。

確かによく冷えるのですが、氷のようにとけることがないので皮膚を冷やしすぎてしまい、時に凍傷を起こしてしまうことがあります。なのでやむをえない場合(保冷材をタオルに巻いて)を除いて極力氷を使ったほうが安全だと思います。

家庭で行う場合はスーパーの袋に氷を入れて、少量の水を入れたもの(氷だけよりも効率的に冷えます)を患部に当てるのがお手軽ですね。

もしスポーツで頻繁にアイシングをする場合はスポーツ用品店などで売っている氷のうを使ってもいいかもしれません。そのときはスーパーの袋を使う場合と異なり、氷は

IMG_1183_R

 

冷凍庫でつくられるキューブアイスより

 

IMG_1184_R

 

さらに小さいチップアイス(ファーストフード店のドリンクに入っているような氷)を使うことをお勧めします。

 

 

 

IMG_1188_R

 

(比較:左がキューブアイス、右がチップアイス)

それぞれ氷のうに入れた場合、チップアイスのほうがより患部にフィットして効率よく冷やすことが出来るからです。キューブアイスは専用の製氷機で大量に作ることができますが、家庭で作る場合はホームセンターなどにチップアイスを作る専用の製氷トレーが売られているので2,3枚買って冷凍庫で冷やしておくといいかもしれません。

それか少々面倒ですが、キューブアイスをビニール袋に入れて、タオルに巻いてから金づちなどで細かく砕くという方法もあります。

参考にして下さいね!

救護に行って気合を入れていても氷を渡すだけの氷係になってしまうこともあり悲しいこともありますが、いざというときに働けるよう頑張りたいですね。

 

 

 

この怪我、冷やしたほうがいいの?暖めたほうがいいの?

よく質問される内容として、手首や足首を痛めたときに、お風呂に入って暖めたほうがいいのか、氷や保冷材で冷やしたほうがいいのか聞かれます。

もし、痛めたばかりの場合は冷やすことをお勧めしています。

痛めたばかりというのは多くの場合、そのあとに腫れや痛みが出てきます。冷やすことで血流が落ちて、腫れが強くなるのを和らげることが出来、痛みも冷やすことによって神経の感覚を鈍らせ、炎症が抑えられて改善されるそうです。
目安は20分程度行い、症状が強い場合は20分程度間をあけてから何セットか行うとよいと言われています。

ただし、痛みがズキズキしたものからドーンとした鈍いものに変わったり、痛み自体が和らいできた頃は逆に周囲の筋肉の緊張を和らげ、体の循環をよくするために暖めることをお勧めします。お風呂に長い間使ったり、病院や整骨院ではホットパックなどを当てて患部を温めることが行われています。

痛めた直後は冷やし、しばらくしたら暖めるというのがポイントではないでしょうか。