admin_koiwai のすべての投稿

栄養素における酵素の力とは?

台風が直撃して大変な雨が降りましたね。

これから台風の季節になります。

防災を意識して生活していきましょう。

今月の予定は、

9月23日(金・秋分の日) お休み

以上になります。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「酵素の力」です。

酵素とは、たんぱく質の一種で、体の中で起こる様々な化学反応を起こす作用を持っています。

身近な作用としては、次の2つが挙げられます。

活性酸素の産生を抑える
消化を助ける

酵素の力によって、加齢の原因になる活性酸素を押さえる働きがあります。
活性酸素は、適度な量であれば細胞伝達物質や免疫機能として働く者の、過剰な生産は細胞を傷つけ、がんや心血管疾患、さらには生活習慣病を引き起こす原因になります。
過剰生産を抑えるという意味で、酵素は重要な働きをします。

消化を助けるのも酵素の重要な作用です。
消化にかかわる酵素を消化酵素と呼び、胃や膵臓、小腸などの消化器官から分泌されます。
食べたものを血中に取り込めるレベルまで分解する際に活躍する酵素です。
胃液や膵液、唾液などの中に含まれています。

このような酵素は、食物の中にも含まれており、食事で摂取できるものもあります。
代表的なものとして次の食品が挙げられます。

玉の野菜(トマト、キュウリ、大根)
フルーツ(アボカド、キウイ、バナナ)
発酵食品

これらの食品は、穀物と一緒に取ると効果的で、ビタミンとミネラルを一緒に取ると効果のアップが期待できます。
注意点として、酵素は加熱で破壊されてしまうことが挙げられます。
そのため、生でそのまま食べたり、ジュースしたりにすると効率的に摂取できるので工夫してみましょう。

今週の1枚

たまたま立ち寄ったお店で、きしめんが売られていたのでいただきました。
本場に比べてあっさりとしたつゆで食べやすい印象です。

疲労回復とは?

夏が戻ってきたような感じですね。

昼間は暑いので過ごし方に注意しましょう。

今月の予定は

9月19日(月・敬老の日) 午前中のみ
9月23日(金・秋分の日) お休み

以上になります。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「疲労回復」です。

疲労は、筋肉疲労のことで症状はありません。
この疲労を回復するには、基本的なことですが、十分な休養と栄養補給で回復することになります。

十分な睡眠が重要ですが、取れない場合は10分から20分の昼寝を行うなどしましょう。

栄養については、炭水化物、たんぱく質、脂質を中心にバランスよく摂ることが重要です。

まず、炭水化物である糖質はエネルギーになります。

ビタミンも重要なので、ビタミンB群を中心にしっかり摂りましょう。
また、疲労時に乳酸が発生します。
この乳酸に対して、ビタミンの一つであるナイアシンなどが活躍します。
これによって乳酸がエネルギーに変換されていくため、疲労回復が進みます。

このように栄養面では、疲労回復に対して糖質とビタミンの豊富なものを取りましょう。

疲れ具合でサプリや栄養ドリンクを摂取するという手もありますが、基本的には食物で摂るようにするのがおすすめです。

今週の1枚

檀田(まゆみだ)のリサイクルショップで見つけたコイン式の電話です。
こういったものまで販売されているのは珍しいですね。

残暑には「酢」

朝は寒いくらいになってきましたね。

快適に過ごせるように気を付けていきましょう。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「酢」です。

酢は、昔から夏バテの対策として用いられてきました。
昔は、酢を使った料理を食べると元気になるといった感覚的なものでしたが、現在はその効能についても分析されています。

主に活躍するのが、酢の中に含まれているクエン酸です。
クエン酸は、筋肉の中にある、疲労がたまると多く生み出される乳酸に作用します。
乳酸とクエン酸でつながることによって、クエン酸回路が活性化し代謝の向上が起こり、乳酸が疲労前のピルビン酸に戻る作用があることから疲れに効果があるといわれています。

また、酢の持つ酸味は食欲増進にもつながり、酢のものやサラダの味付けに使用しても効果的です。
直接酢を飲む習慣も出てきており、最近では飲みやすいフルーツビネガーも登場しています。

パイナップルやブルーベリーなどの果汁に酢をブレンドすることによって、飲み物に入れても飲みやすい酢が多く誕生しています。

お酒が飲める方は、柚酢もおすすめです。
すっきりした味わいの甲類焼酎で割ってサワーで楽しむのもヘルシーで疲労回復の効果が期待できます。

このように上手に酢を取り入れて、残暑の夏バテを乗り切りましょう。

今週の1枚

顕微鏡で見たイワシの鱗です。
細かな部分まで機能を意識した構造だと感じました。

ラジオ体操の効果

朝晩は過ごしやすくなってきました。

徐々に秋へ向かっていくのでしょうか。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「ラジオ体操の効果」です。

公園や神社などで行われているラジオ体操(テレビでもテレビ体操が行われている)ですが、簡単で分かりやすく、一通り動かすと体の40%以上の筋肉が刺激されるとされています。

そんなラジオ体操に期待できる効果は効果が次のものが挙げられます。

  1. 筋肉柔軟性
  2. 血行改善
  3. 新陳代謝が向上
  4. 体調が整う

筋肉柔軟性

ラジオ体操自体、ストレッチに近い効果が期待できます。
そのため、一通り動かすことで柔軟性が向上し、身体をスムーズに動かせることが期待できます。

血行改善

ラジオ体操は、リズムカルに全身を動かすことによって血行が改善されます。
血行が改善されることによって体の調子がよくなり、身体のだるさやハリなどの不調の緩和も期待できるのです。

新陳代謝が向上

血行が良くなることで新陳代謝が向上し、間接的に美容にも良いといえます。
また新陳代謝の向上によってアンチエイジングを狙うこともできるでしょう。

体調が整う

身体を動かすと、肉体だけではなく、精神的にもリラックス効果が得られます。
これによって心身の調子が整い、一日快活に生活できるようになるでしょう。

また、ラジオ体操は身体を適度に動かすことによって免疫能力を高めるのにちょうど良い強度とされています。
ただ、頑張りすぎて無理をすると予想外のケガや痛みを生じることがあるため、イスに座って気軽に行うのもおすすめです。
無理な頑張りは継続しないので、一部だけでもちょっとだけ行うといったことで体を動かすきっかけにしてみるのもおすすめです。

今週の1枚

戸隠のそばです。
久しぶりに頂きましたが、冷たくてのど越しも良かったです。
また、窓から入ってくる風も涼しく感じられました。

日焼けは火傷(やけど)

少しずつ涼しくなってきましたね。
今週の予定です。

8月17日(水) 健康診断のためお休み

以上です。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「日焼けは火傷(やけど)」です。

日焼けは、かつて小麦色の肌に例えられるように美容行為の一つのような位置づけでした。
しかし、温暖化が進む昨今において、日焼けは火傷の一種として見る傾向があります。
実際に日焼けをすると、火傷のように痛みが生じ、場合によっては水ぶくれを起こすこともあります。
そういったことにならないように、日差しの強い場所へ行ったらアフターケアを行いましょう。

アフターケア

日焼けのアフターケアとして次のポイントが挙げられます。

  1. 冷たいタオルや氷のうで冷やす
  2. 化粧水で水分補給
  3. 乳液で潤い
  4. 美容液のパックも有効

日焼け前の状態は、肌が非常に高温状態になっています。
そのため、クーリングを行ってしっかり温度を下げることが重要です。
冷たいタオルで冷やしたり、時に氷嚢を用意するのも良いでしょう。

化粧水で水分補給を行うことも重要です。
日焼け前の状態は、水分が抜けて乾燥しています。
そのため、肌の水分を補うためにも化粧水で水分補給を行いましょう。

水分補給を行ったら、保湿も重要です。
乳液を使って潤いを与えましょう。
男性の方も男性用の乳液が市販されているため、そういったものを使うのも有効です。

可能であれば、美容液のパックで、顔のケアを行うこともしてみましょう。

日焼けの注意点

日焼けの注意点として次のものが挙げられます。

  1. 皮ふは無理にはがさない
  2. アルコールを飲むと日焼けしやすい
  3. 食生活も意識

皮膚を無理にはがすと、痛みや炎症、感染を起こします。
自然にはがれるのを待ちましょう。

アルコールにも注意します。
アルコールを飲んで紫外線を浴びることで、肌の炎症や水ぶくれなどの症状を促進してしまうことがあるようです。

バランスの取れた食生活も重要です。
特にビタミンA、C、Eをたっぷりとりましょう。

これらの点に気を付けて生活していきましょう。

今週の1枚

ハイキングで聖高原へ。
パノラマホテルまで来ると涼しく、夏を忘れさせてくれます。

急性アルコール中毒に注意

毎日暑い日が続いていますね。
35度が当たり前のようになってきています。
古岩井整骨院の夏季休暇は次の通りです。

8月13日(土) お休み
8月14日(日) お休み
8月15日(月)、16日(火) 通常通り
8月17日(水) 健康診断のためお休み

8月11日(木・山の日) 午前中のみ受付

以上です。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「急性アルコール中毒」です。

長期休暇と行動制限が出ていない昨今、野外でのバーベキューや親せきの訪問などアルコール摂取をする機会が増えてきます。

そんな時に注意したいのが急性アルコール中毒です。
短時間に急激な飲酒を行うと起こりやすい症状で、時に命にもかかわる深刻なものになるケースも少なくありません。
しかも短時間の大量飲酒は、酔った自覚がなく、知らず知らずのうちに意識障害を起こし、昏睡して危険な状態になることもあるのです。
アルコールは、血中濃度が0.4%を超えると死に至るとされており、分解される前にどんどんアルコールを追加することは危険な行為です。

急性アルコール中毒の予防をするには

急性アルコール中毒を予防するには次のポイントをおさえておきましょう。

一気飲みしない
何かを食べながら飲む
無理強いをしない

当然ながら一気飲みすると間違いなく危険な状態になります。
分解される前にアルコールが体内に入り込んでいくからです。
そういった状態にならないように一気飲みは厳禁です。

何かを食べながら飲むと、自然に飲酒のスピードが低下します。
食べ物を食べて一呼吸おけるので、急激なアルコールの血中濃度が避けられるからです。
ただ、飲酒量自体が増す危険があるので、理想は飲む量をあらかじめ決めておくことです。

無理強いはやめましょう。
子どもが、あるいは甥っ子が、後輩が飲酒できるようになったからといって、どんどんお酒を勧めるのはよくありません。
あくまで相手のペースを守らせて飲んでもらうことが重要です。

もし具合が悪くなってしまったら

もし具合が悪くなってしまったら、安易に自己判断で行動せずに救急車を呼びましょう。
適切な処置を行わないと、深刻なダメージを受けることになります。
横にさせておけばいい、救急車は大袈裟だと思わず、まずは救急車を呼んで対応しましょう。

今週の1枚

篠山動物園にいる、ニジイロクワガタです。
まるでおもちゃのような、機械のような人工的な輝きを放っていました。

改めて知りたい熱中症の脱水症城

連日暑い日が続いています。
古岩井整骨院の夏季休暇は次の通りです。

8月13日(土) お休み
8月14日(日) お休み
8月15日(月)、16日(火) 通常通り
8月17日(水) 健康診断のためお休み

8月11日(木・山の日) 午前中のみ受付

以上です。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「あせもの予防」です。
最近は、連日の酷暑で汗をかく機会も多くなり、皮膚のトラブルも増えてきています。
そんな中、最も多いのは「あせも」です。
あせもは、汗を出す汗腺という穴に汗が詰まって炎症を起こしたものです。

このあせもを予防するには汗を拭きとることと、汗をかき過ぎないこと、肌を清潔に保つことがポイントになります。

汗を拭きとるポイントは、安易にこすらないことです。
やわらかいタオルを使って汗を吸い取るようなイメージで叩くようにして汗を取るようにしましょう。

また、日焼け防止のために厚着になってしまう方もいますが、それも汗が多く出る原因です。
通気性のよい服装で過ごすのがおすすめです。

最後に清潔に保つことですが、これは清潔なタオルで汗を取ることや可能であれば入浴することがポイントです。

もしあせもができてしまった場合は、刺激しないことが重要で、入浴する際に泡立てたせっけんで手を使ってやさしく洗うようにしましょう。

あまりにあせもがひどくなった場合は、自分で対処せず皮膚科を受診することをおすすめします。

今週の1枚

長野県立美術館です。
初めて行きましたが、とても開放的でこれまでとは違った雰囲気になっていました。

改めて知りたい熱中症の脱水症状

連日暑い日が続いています。
古岩井整骨院の夏季休暇は次の通りです。

8月13日(土) お休み
8月14日(日) お休み
8月15日(月)、16日(火) 通常通り
8月17日(水) 健康診断のためお休み

以上です。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「熱中症による脱水」です。

熱中症は、水が足りない場所が出てくる症状があります。
例えば、汗が必要以上に出ることで脱水状態になり、頭痛やめまい、吐き気を起こすことがあり、熱中症の症状としてよく見られるものです。

こういった熱中症の脱水予防として効果的な水分補給を行うのが有効です。
のどが渇いたから急に具合が悪くなったということがありますが、のどが渇いた時点ですでに相当な脱水症状になっています。

こういった場合は、ミネラルバランスが崩れることも多いので、水を飲むよりは、塩分が入ったミネラル分のある水を飲みましょう。

例えば、スポーツドリンクなども有効ですが、脱水が起こっている場合は経口補水液を飲むのがおすすめです。
経口補水液は、吸収しやすいように加工されているだけでなく、塩分量も少ないので、血圧が高い人でも過剰なミネラル補給をしなくてすみます。
ただし、効果的な経口補水液も一気に飲むと排泄につながるため、何回かに分けて飲むようにしましょう。

一方で、汗をかいている状態で不向きな飲み物もあります。
それは、カフェイン入りのものです。
栄養ドリンク、コーヒー、緑茶などが挙げられ、最近はエナジードリンクというカフェインが大量に入った炭酸飲料もこれに含まれるでしょう。
一時的に元気になるため夏バテ予防に、つい飲みたくなりますが、これらは利尿作用がきついため、脱水症状を起こしやすくなります。
あくまで飲むのは、最小限にしましょう。

こういった過ごし方をし、万が一脱水症状が起こってしまったら、エアコンで身体を冷やし、服を緩め、経口補水液を少しずつ飲んでゆっくりしましょう。

今週の1枚

大岡手前の集落です。
一本のまっすぐな道が続いています。

筋肉痛解消のポイントとは?

梅雨の戻りか、雨の日も出てきました。

こういった時期は、晴れると蒸し暑いので、夏バテに注意して生活しましょう。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「筋肉痛」です。

「若いときは、翌日に痛みが出ていたのに、最近痛みが数日後に出るようになった。」

これは、老化のサインではありません。

筋肉痛の出るタイミングは、運動の強度によって異なり、強い運動、大変疲れるような運動(工場で荷物を運ぶ、鉄パイプなどを持ち上げる)を行うと、すぐに筋肉痛が出てきます。

逆に、強度が低く長時間行うような運動(例えば草取りなど)をすると筋肉痛が遅く出てくるのです。

つまり、若いときは、強度が高くハードが運動を行うことが多いため、すぐに筋肉痛が出るのであって、高齢の方でも若い人と同じ運動をすれば、翌日筋肉痛が出ます(その前に身体の各所を痛める危険性がありますが)。

この筋肉痛は筋肉を酷使するなという防衛反応なので、辛い運動を避けるようにすることが重要です。

筋肉痛を和らげるには

筋肉痛を和らげるには、次の3つのコツがあります。

  • 睡眠
  • 栄養補給
  • 軽い運動

睡眠は、筋肉の修復や成長を促す、成長ホルモンを出します。
特に夜の10時から深夜の2時に分泌されやすいので、その時間帯はしっかり寝ましょう。

栄養補給も重要です。
たんぱく質はもちろん、炭水化物も摂りましょう。
意外に知られていませんが、炭水化物を取らないと身体が筋肉を溶かしてたんぱく質をエネルギーにして疲労回復を図ります。
炭水化物を抜くダイエットがありますが、少なめでもしっかり炭水化物を取りましょう。

また、痛いから、からだの防衛反応だからといって安静を保ちすぎないのもポイントです。
軽くでも動くこと、例えば短距離のウォーキングをするだけでも血行がよくなり、回復が早まります。
また、水圧でマッサージされるので、プールのウォーキングもおすすめです。

今週の1枚

整骨院のヤマユリです。きれいに咲いています。

胃もたれ解消のコツとは?

毎日暑い日が続きます。
一雨くればいいのですが、なかなかありませんね。

7月18日(月・祝)は午前中のみ受付

いたします。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「胃もたれ解消のコツ」です。

胃もたれは、主に食べすぎや飲みすぎによって起こるとされています。

もし、胃もたれになったら、基本的には消化が良く、消化に優しいものを三食とることが大切です。
そして、無理しないように、食べることが重要といえるでしょう。

それでも、食べるのが難しい場合はジュースがおすすめです。
すっきりとした味わいで、のど越しも良く、ビタミンや糖分などのエネルギーが補給できるからです。
おすすめのジュースを2つ紹介しましょう。

リンゴとキャベツのジュース

このジュースは、まずりんごのクエン酸によって疲労物質である乳酸を体内で分解して新陳代謝を促進してくれることが期待できます。
次にキャベツに含まれているキャベジンは人間の体に重要な働きをしている胃腸を強くする効果が期待でき、胃酸によって傷ついた粘膜細胞を健康に保ちます。
胃腸薬の成分としても有名な栄養素です。

大根とリンゴとミカンのジュース

大根に含まれるチアスターゼはご飯に含まれるでんぷんの分解を促進、タンパク質を分解するプロテアーゼもあるので、消化を助けてくれるでしょう。
さらに、りんごのクエン酸効果が期待でき、みかんのさっぱりさで飲みやすくなります。

お風呂やマッサージも有効

胃もたれは、ストレスで自律神経の乱れによるものもあります。
ゆったりお湯につかることでリラックスでき、気分も良くなるでしょう。
また、息を吐きながらろっ骨をマッサージすると楽になる場合もあるので、試してみて下さい。

今週の1枚

擬態した枝のような形の虫です。
意識してみないと、枝そのもののようでわかりません。