予防

お酒の習慣について

連日、朝は寒い日が続いていますね。
ただ、昼間になると驚くほど暖かくなることも珍しくありません。
日中の寒暖差に注意して生活するようにしましょう。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今週は「お酒の習慣」です。
寒くなるとお酒を飲む機会が増えます。
お燗で晩酌という方も多いのではないでしょうか。

お酒は緊張をほぐし、人間関係を円滑にする効果があり、適量飲む分には良い作用も少なくありません。

しかし、連日大量に摂取すると依存症になることも多いのです。
このような状態になって、慌てて断酒を進めても良いことはありません。
実際、急な断酒で禁断症状が発祥することも珍しくないからです。
こういった禁断症状として現れるのは、以下のような症状です。

  • 不安
  • 頭痛
  • 手の震え
  • 動悸

急な断酒をして数時間後に症状が出てしまうケースも少なくありません。
しかも、この禁断症状には個人差があり、重度になると命に関わることも多くあります。
ただ、症状の重さと酒量は比例することが分かっており、どんな方であっても多量の飲酒は、常に脳が抑制された状態を引き起こします。

加えて、急に中断すると脳が暴走し、落ち着かなくなることもあり、場合によっては幻覚やてんかんも出ることがあります。

多くは禁断症状は起きないもののお酒を飲んでいる人の4%は依存症といわれているデータもあるので、毎日飲酒をされている方は、今お話しした症状が出ていないかチェックしてみましょう。

少量のお酒を楽しく飲んで、良い付き合いをすることがおすすめです。
ちなみに厚生労働省では次のような飲酒量を推奨しています。

1日平均純アルコールにして約 20 グラム程度

  • ビール(中瓶1本500ml) 5% 20g
  • 清酒(1合180ml) 15% 22g
  • ウイスキー・ブランデー(ダブル60ml) 43% 20g
  • 焼酎35度(1合180ml) 35% 50g
  • ワイン(1杯120ml) 12% 12g

このようにビールの中びん程度であれば問題ありませんが、焼酎に関しては半合程度に収めておくことが重要です。

最後に飲酒のポイントとして、医学会から提唱されている適正飲酒の10か条を紹介します。

適正飲酒の10か条
1.談笑し楽しく飲むのが基本です
2.食べながら 適量範囲でゆっくりと
3.強い酒 薄めて飲むのがオススメです
4.つくろうよ 週に二日は休肝日
5.やめようよ きりなく長い飲み続け
6.許さない 他人(ひと)への無理強い・イッキ飲み
7.アルコール 薬と一緒は危険です
8.飲まないで 妊娠中と授乳期は
9.飲酒後の運動・入浴 要注意
10.肝臓など 定期検査を忘れずにしない

させない 許さない 20歳未満飲酒・飲酒運転

今週の1枚

篠ノ井のどんど焼きです。
大岡の道祖神のような顔を作ってそこにダルマなどをつけていくのが風習となっています。

脳梗塞が起こったら早めの対応を

暖かい陽気から一転して急に雪でも降りそうな天気になりましたね。
お体に気を付けてお過ごしください。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「脳梗塞が起こったら早めの対応を」です。

どんな病気やけがも早期治療は重要なポイントです。
脳梗塞は特にそういえるでしょう。

脳梗塞とは、脳の血管が詰まって酸素供給ができなくなる病気です。

40代の働き盛りにも目立ってきている病気で、血圧の変化によって血液の流れが変わることや脱水状態で出やすくなることが特徴です。

十分な水分補給が重要といわれています。
若い方も増えている原因である血行の悪化は血管の負担になる食生活、高脂肪のモノを食べ過ぎて動脈硬化が起こりやすくなっているとされています。

発症したら

発症したら速やかに薬物療法を受けるようにしましょう。
3時間以内なら薬剤が使えるうえ、後遺症が軽度になるからです。

手がしびれる、ろれつが回らないのが脳梗塞の特徴なので、急にそういった症状が出たら総合病院にすぐ搬送してもらうようにしましょう。

今週の1枚

信更町の山中です。
すっかり冬のような様子になっていました。

睡眠中の歯ぎしりとは?

朝の気温もマイナスに迫ろうとしています。
山は雪も降ってきましたね。
連日寒くなってきていますので、身体を温めてお過ごしください。

11月23日(水・勤労感謝の日) 午前中のみ受付

以上になりますのでよろしくお願いいたします。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「睡眠中の歯ぎしり」です。

はぎしりは、睡眠中に起こる現象です。
歯や歯周に影響を与え、食いしばりが起こるクレンチングやコツコツ音を立てるタッピングもその仲間です。

睡眠中に15分ほど発生し、ガムをかむ力の数倍から数十倍で歯ぎしりや食いしばりが起こっているといわれています。
これを放置していると、次のような不調が出る場合もあります。

  • 歯のすり減り
  • 顎関節症
  • 耳鳴り
  • 睡眠障害
  • 自律神経障害

これらの他に、進行すると睡眠時無呼吸症候群を合併することもあります。

本人の自覚がないので気づきにくいものの、もし家族に指摘された場合は、歯科医に相談してみるのもおすすめです。

今週の1枚

茶臼山の落ち葉です。
道路一杯に広がって、埋め尽くしていました。

風邪対策は湿度がポイント

朝の気温もマイナスに迫ろうとしています。
連日寒くなってきていますので、身体を温めてお過ごしください。

11月23日(水・勤労感謝の日) 午前中のみ受付

以上になりますのでご注意ください。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「風邪対策」です。

風邪というと、毎年ひいている方、あるいは数十年ひいたことがないという方もいるはずです。
実際は、自覚症状がなくとも年に数回以上は、かぜにかかっているといわれています。
のどの違和感やくしゃみをしてすぐに翌日元に戻ったという場合は、かぜにかかり、治っているといえるでしょう。
かぜは、のどの諸症状をまとめた呼び名でかぜ症候群とも言われています。
しかも、原因となるウイルスは数百種類あり、特定が困難とされています。
ただ、共通していることとして、乾燥したところで繁殖する、体力を消耗すると感染しやすいといったことが挙げられ、それらを回避することで、ある程度予防が可能です。

特に寒い時期は乾燥しやすくなるので、単に暖かくするだけでなく、湿度にも注意して過ごすようにしましょう。

今週の1枚

群馬県の妙義山です。
ノコギリの歯のようなギザギザした稜線が印象的です。

栄養素における酵素の力とは?

台風が直撃して大変な雨が降りましたね。

これから台風の季節になります。

防災を意識して生活していきましょう。

今月の予定は、

9月23日(金・秋分の日) お休み

以上になります。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「酵素の力」です。

酵素とは、たんぱく質の一種で、体の中で起こる様々な化学反応を起こす作用を持っています。

身近な作用としては、次の2つが挙げられます。

活性酸素の産生を抑える
消化を助ける

酵素の力によって、加齢の原因になる活性酸素を押さえる働きがあります。
活性酸素は、適度な量であれば細胞伝達物質や免疫機能として働く者の、過剰な生産は細胞を傷つけ、がんや心血管疾患、さらには生活習慣病を引き起こす原因になります。
過剰生産を抑えるという意味で、酵素は重要な働きをします。

消化を助けるのも酵素の重要な作用です。
消化にかかわる酵素を消化酵素と呼び、胃や膵臓、小腸などの消化器官から分泌されます。
食べたものを血中に取り込めるレベルまで分解する際に活躍する酵素です。
胃液や膵液、唾液などの中に含まれています。

このような酵素は、食物の中にも含まれており、食事で摂取できるものもあります。
代表的なものとして次の食品が挙げられます。

玉の野菜(トマト、キュウリ、大根)
フルーツ(アボカド、キウイ、バナナ)
発酵食品

これらの食品は、穀物と一緒に取ると効果的で、ビタミンとミネラルを一緒に取ると効果のアップが期待できます。
注意点として、酵素は加熱で破壊されてしまうことが挙げられます。
そのため、生でそのまま食べたり、ジュースしたりにすると効率的に摂取できるので工夫してみましょう。

今週の1枚

たまたま立ち寄ったお店で、きしめんが売られていたのでいただきました。
本場に比べてあっさりとしたつゆで食べやすい印象です。

残暑には「酢」

朝は寒いくらいになってきましたね。

快適に過ごせるように気を付けていきましょう。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「酢」です。

酢は、昔から夏バテの対策として用いられてきました。
昔は、酢を使った料理を食べると元気になるといった感覚的なものでしたが、現在はその効能についても分析されています。

主に活躍するのが、酢の中に含まれているクエン酸です。
クエン酸は、筋肉の中にある、疲労がたまると多く生み出される乳酸に作用します。
乳酸とクエン酸でつながることによって、クエン酸回路が活性化し代謝の向上が起こり、乳酸が疲労前のピルビン酸に戻る作用があることから疲れに効果があるといわれています。

また、酢の持つ酸味は食欲増進にもつながり、酢のものやサラダの味付けに使用しても効果的です。
直接酢を飲む習慣も出てきており、最近では飲みやすいフルーツビネガーも登場しています。

パイナップルやブルーベリーなどの果汁に酢をブレンドすることによって、飲み物に入れても飲みやすい酢が多く誕生しています。

お酒が飲める方は、柚酢もおすすめです。
すっきりした味わいの甲類焼酎で割ってサワーで楽しむのもヘルシーで疲労回復の効果が期待できます。

このように上手に酢を取り入れて、残暑の夏バテを乗り切りましょう。

今週の1枚

顕微鏡で見たイワシの鱗です。
細かな部分まで機能を意識した構造だと感じました。

ラジオ体操の効果

朝晩は過ごしやすくなってきました。

徐々に秋へ向かっていくのでしょうか。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「ラジオ体操の効果」です。

公園や神社などで行われているラジオ体操(テレビでもテレビ体操が行われている)ですが、簡単で分かりやすく、一通り動かすと体の40%以上の筋肉が刺激されるとされています。

そんなラジオ体操に期待できる効果は効果が次のものが挙げられます。

  1. 筋肉柔軟性
  2. 血行改善
  3. 新陳代謝が向上
  4. 体調が整う

筋肉柔軟性

ラジオ体操自体、ストレッチに近い効果が期待できます。
そのため、一通り動かすことで柔軟性が向上し、身体をスムーズに動かせることが期待できます。

血行改善

ラジオ体操は、リズムカルに全身を動かすことによって血行が改善されます。
血行が改善されることによって体の調子がよくなり、身体のだるさやハリなどの不調の緩和も期待できるのです。

新陳代謝が向上

血行が良くなることで新陳代謝が向上し、間接的に美容にも良いといえます。
また新陳代謝の向上によってアンチエイジングを狙うこともできるでしょう。

体調が整う

身体を動かすと、肉体だけではなく、精神的にもリラックス効果が得られます。
これによって心身の調子が整い、一日快活に生活できるようになるでしょう。

また、ラジオ体操は身体を適度に動かすことによって免疫能力を高めるのにちょうど良い強度とされています。
ただ、頑張りすぎて無理をすると予想外のケガや痛みを生じることがあるため、イスに座って気軽に行うのもおすすめです。
無理な頑張りは継続しないので、一部だけでもちょっとだけ行うといったことで体を動かすきっかけにしてみるのもおすすめです。

今週の1枚

戸隠のそばです。
久しぶりに頂きましたが、冷たくてのど越しも良かったです。
また、窓から入ってくる風も涼しく感じられました。

日焼けは火傷(やけど)

少しずつ涼しくなってきましたね。
今週の予定です。

8月17日(水) 健康診断のためお休み

以上です。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「日焼けは火傷(やけど)」です。

日焼けは、かつて小麦色の肌に例えられるように美容行為の一つのような位置づけでした。
しかし、温暖化が進む昨今において、日焼けは火傷の一種として見る傾向があります。
実際に日焼けをすると、火傷のように痛みが生じ、場合によっては水ぶくれを起こすこともあります。
そういったことにならないように、日差しの強い場所へ行ったらアフターケアを行いましょう。

アフターケア

日焼けのアフターケアとして次のポイントが挙げられます。

  1. 冷たいタオルや氷のうで冷やす
  2. 化粧水で水分補給
  3. 乳液で潤い
  4. 美容液のパックも有効

日焼け前の状態は、肌が非常に高温状態になっています。
そのため、クーリングを行ってしっかり温度を下げることが重要です。
冷たいタオルで冷やしたり、時に氷嚢を用意するのも良いでしょう。

化粧水で水分補給を行うことも重要です。
日焼け前の状態は、水分が抜けて乾燥しています。
そのため、肌の水分を補うためにも化粧水で水分補給を行いましょう。

水分補給を行ったら、保湿も重要です。
乳液を使って潤いを与えましょう。
男性の方も男性用の乳液が市販されているため、そういったものを使うのも有効です。

可能であれば、美容液のパックで、顔のケアを行うこともしてみましょう。

日焼けの注意点

日焼けの注意点として次のものが挙げられます。

  1. 皮ふは無理にはがさない
  2. アルコールを飲むと日焼けしやすい
  3. 食生活も意識

皮膚を無理にはがすと、痛みや炎症、感染を起こします。
自然にはがれるのを待ちましょう。

アルコールにも注意します。
アルコールを飲んで紫外線を浴びることで、肌の炎症や水ぶくれなどの症状を促進してしまうことがあるようです。

バランスの取れた食生活も重要です。
特にビタミンA、C、Eをたっぷりとりましょう。

これらの点に気を付けて生活していきましょう。

今週の1枚

ハイキングで聖高原へ。
パノラマホテルまで来ると涼しく、夏を忘れさせてくれます。

ナチュラルキラーとは?

暑い日が続いたと思ったら、雨が降ったり、曇ったりとせわしない天気が続いていますね。

体に気を付けて夏を乗り切りましょう。

7月18日(月・海の日) 午前中のみ受け付け

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「ナチュラルキラー」です。

体には様々な免疫がありますが、その中でもナチュラルキラー細胞は、病気の原因となる細菌やウイルスを攻撃して病気を予防してくれる働きを持っています。
このナチュラルキラー細胞を活性化することが、健康に重要といえるでしょう。

専門的な話題は、他の記事や情報に譲るとして、このナチュラルキラー細胞を元気にする方法があります。
ナチュラルキラー細胞が元気になれば、より仕事がしやすくなり、メリットも大きいのです。
その方法とは「笑い」です。

笑うことでナチュラルキラー細胞が活性化して元気になることが分かったそうです。
実験では、喜劇を観劇することで、活性率がアップしたという報告があるようです。

免疫力をアップして、身体を元気に保ちたいですね。

また、ナチュラルキラー細胞以外にも体を元気にする方法として、腸を活性化することが挙げられます。

腸にはナチュラルキラー細胞を始め、免疫に重要な細胞や組織が7割存在しており、腸を元気にすることで、体を元気にすることができるといわれています。

この腸を元気にする方法がヨーグルトです。
スーパーなどの小売店には、様々なヨーグルトが並んでいますが、酸っぱいプレーンヨーグルトを習慣的に食べることがおすすめです。

今週の1枚

蛇の目傘です。
整骨院の倉庫を片付けていたら出てきました。
誰のものかはわかりません。

肝機能を高めるには?

あっという間に梅雨が明けました。

空梅雨で今後が心配ですが、何とか夏を乗り切っていきましょう。

コラム

古岩井整骨院のコラム、今回は「肝機能を高める」です。
肝臓病が現在増加しており、21世紀の国民病とも言われています。
たんぱく質を合成したり、有害な物質の分解をしたり、グリコーゲンやビタミンを貯蔵したり、消化液の胆汁をつくったりと多彩な活躍をしている肝臓が不調に陥ると様々な症状を発症します。
しかも、発症するころには相当悪くなっていることがほとんどです。

そんな肝臓病の予防をするのに有効とされているのは次の5つです。

  1. 腹八分目
  2. 大豆の摂取
  3. ビタミン類の摂取
  4. 十分な運動と睡眠

肝臓をいたわる腹八分目

肝臓は、人体の化学工場とも呼ばれており、冒頭でお話ししたように様々な役割をしています。
この肝臓に無理をさせてしまうのが大食いです。
沢山食べると消化をしたり、栄養素を貯蔵したり、あるいは有害なものを取り除いたりと肝臓に大変な負担がかかってしまいます。
そういった負担を軽減するためにも腹八分目は重要です。

肝臓の栄養補給に大豆

肝臓が弱ったり、疲れてくるとたんぱく質を消費します。
たんぱく質を補給する意味でも大豆はおすすめです。
肝臓には良質なたんぱく質が重要で、大豆は豊富なたんぱく質が含まれているからです。
さらに大豆イソフラボンは脂質の発生を抑える働きがあるのでおすすめです。

ビタミン類の摂取

肝臓はビタミンを貯蔵する機能もあるので、ビタミンを十分に補給しておくことで疲れた肝臓に栄養を補給することができます。

特に次のビタミンが重要です。

  • ビタミンA:ウナギやレバー
  • ビタミンC:ブロッコリー、いちご
  • ビタミンE:ごま、ウナギ
  • ビタミンB1:豚肉、玄米、ピーナッツ、ごま
  • ビタミンB12 :カキ、レバー、チーズ、卵

十分な睡眠と運動

どんなことにも言えることですが十分な運動と睡眠は重要です。
活動的に生活し、十分休んでメリハリのある生活を送りましょう。

今週の1枚

茶臼山のアナグマです。
暑い中活発に動いていました。